こんにちは。カウンセラーの岡田えりこです。

私たちは自分の満たされない気持ちを、誰かにどうにかしてほしいと思っているところがあるようです。
そう思ったことないでしょうか?


<自分の気持ちは誰のもの?>


・寂しい気持ちを誰かに埋めてほしい。
・仕事で苛立っている気持ちを誰かに沈めてほしい。
・不安な気持ちを誰かに取り除いてほしい。
あなたはどんな気持ちを誰かになんとかして欲しくなるでしょうか?

意識せずに行動に移している人もいるかもしれませんね。
「今日、帰りに飲みに行こうよ。」と同僚に声をかけてみたり。
「明日会えない?」とパートナーに連絡してみたり。

一緒に時間を過ごしたいからという理由で会おうと思うわけですが、持てあましている自分の気持ちを、解消できるかもと思っているところがあるのかもしれませんね
解消できたとしても、一時的なことになることが多いように思います。
私が同僚と飲みに行ったり、彼とデートしたりして、楽しく過ごすこともありましたが、一時的に持てあましている感情がなくなったように思うだけで、後で気持ちが戻ってきて落胆することが多かったです。

<会えば会うほどさみしくなる不思議な現象>


自分の感情を誰かにどうにかしてもらおうとしてしまうのは、ある意味では自然なことではないかとも思うのです。特に近しい人、パートナーなどにはどうにかしてほしいと思ってしまいがちです。でもちょっと不都合なことが起こってしまうのです。

例えば、パートナーの存在で自分の寂しさを埋めていると、自分ではどうすることもできないわけですから、
「さっき別れたばっかりなのにもう会いたい。」
「会いたい。会いたい。」
で頭の中がいっぱいになってしまったりします。
あまりに好きだから、いつも相手のことで頭がいっぱいなのかも、と思うかもしれませんが、パートナーと一緒にいない時間に全く価値がなくなってしまって、生活の質、人生の質が大きく低下してしまうことになります。だって、会えない時間が『次に会える前の時間』にすぎず、意味のない時間になってしまいます。
エスカレートすると、相手が私以外のことや人に時間を使うことすら許せなくなることもあります。

俗に言う『やきもち』がだんだんひどくなるようなら、もしかしたら、パートナーとの関係性にずれがあるのかもしれませんよ。心が触れ合えた感覚が持てなくて、ちょっとしたすれ違いが積み重なると
パートナーに会えば会うほど寂しさがつのりますが、寂しさを埋めるためにパートナーに会いたくなります。

例えば、パートナーに「大丈夫だよ。」と優しく抱きしめてほしいと思っていたのだけど「がんばって !応援してるよ。」と言われただけ、だったとすると、なんか寂しさを感じてしまいませんか?「え?それだけ?」って思っちゃったりしないでしょうか。

これって『幻想のパートナー』と会いたがっている状態だとは考えられないでしょうか。
会いたかったのは抱きしめてくれる『幻想のパートナー』。
実際に会ったのは「がんばって!応援してるよ。」と言ってくれる『現実のパートナー』。
『幻想のパートナー』に会いたいっていう気持ちがどんどんつのります。
会うたびになんか足りないなと言う気持ち、『幻想』と『現実』の『差』を感じて、積もり積もっていっているのです。
もしかしたら、パートナーにだけではないかもしれません。色々な人との間で起こる話なのです。

<大事なのは気持ちを受け止めてもらうこと>


私たちは自分の満たされない気持ちを、誰かにどうにかしてほしいと思っているところがあるようなのですが、解決方法についてちょっとした誤解があるようです。

「誰かに満たして欲しい。」
「誰かになぐさめて欲しい。」
「誰かに愛して欲しい。」
「誰かに分かって欲しい。」
自分の気持ちをしっかりと気持ちを受け止めてほしい、と思っているのです。

気持ちの足りなさを埋め合わせて欲しいと感じていますが、実は気持ちを受け止めて欲しいと思っているのです。
気持ちを受け止めてもらえたと感じた時に、愛されていると感じることができるのです。

ということは、気持ちを表現しなければなりませんね。
もちろん、いい自分だけではなく悪い自分も受け入れてもらわねばなりません。
でないと、愛されているとは感じられませんから。

<まずは自分の気持ちを自分で受け入れることから>


表現できるようになるために大切なことは、自分の気持ちを自分が受け入れることです。
良いものも悪いものも分別せずにそのまま。「こんな気持ちがあるんだな。」と認めます。
いいことだけ、も違うし、悪いことだけも違います。両方あります。
優しい気持ちもあります。攻撃したい気持ちもあるでしょう。どちらもあっていいんです。当たり前なんです。
愛したい気持ちもあります。愛している気持ちもあります。でも、愛せないときもあるかもしれません。だから、良いとか悪いとかではないんです。

自分の気持ちを自分が受け入れてないと、人に対して表現できないですから。
見せちゃいけないものにしてしまいますから。隠してしまいます。

そのままの自分を、まずは自分が知ること。受け入れること。
そして、表現できるようになること。

とても勇気が必要なことかもしれません。
一人では難しいと感じるかもしれません。
そんなときはカウンセリングを使ってみてくださいね。

お話しできるのを楽しみにしています。


* * * * * * * * * * * * * * * * 

のびのびと生きよう!〜人生を変える勇気を育てよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡田えりこ面談カウンセリング・お電話初回無料のご案内

カウンセリングのご予約、お問い合わせは、
カウンセリング予約センター
 受付12:00〜20:30
  06-6190-5131
・定休日 毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

「岡田さんの面談(電話)カウンセリングを受けたいのですが。」
とお伝えいただくとスムーズにご予約いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー